スポンサーリンク

リビング学習のすすめ

 リビング学習とは、自分の部屋で勉強するのでは無く、家族みんなが共有スペースとして使用しているリビングルームで勉強する事です。

 ちなみに、うちの娘の家庭学習もほぼ100%リビング学習です。

 決して自分の部屋が無い訳でもなく、自分の学習机が無い訳でもありません。

 娘曰く、「一番落ち着くから」という理由で娘はいつもリビング学習です。

 一見、雑音が多くて集中出来ないのではないかという不安も有るかと思いますが、近年は「リビング学習は学力が上がる」という声を多く聞きます。

 今回はその「リビング学習」がなぜ良いのかの秘密に迫ります。

リビング学習をしている子供の割合

 まず、近年リビング学習が良いと良く聞きますが、一体どのくらいの子供がリビング学習なのでしょうか。

 このリビング学習のアンケート、データには様々な物がありますが、小学生の子供では80%以上の子供はリビング学習をしているという結果が出ています。

 特に、やはり低学年のお子様が多い様です。年齢的にもまだ1人でいるよりは家族と一緒に過ごす時間の方が多い事から、小さい子供さんのリビング学習というのは自然の成りゆきでしょう。

 そして特に必見なデータは、東大生80%は子供の頃リビング学習だった、というアンケート結果もあります。

 「東大の受験勉強時もリビング学習だった」なんていう学生をテレビで見た事もあります。

 こういった学力の向上にもいい影響を与えるというデータが出ている事で、近年リビング学習を意識している家庭が更に増えている様です。

リビング学習のメリット

 では、なぜリビング学習がいいのでしょうか。

リビングで食事をしたりくつろいだ後、自室に行き勉強するのは負担が

 特に冬場など、暖かいリビングから自分の部屋に行くのはかなりおっくうになりますよね。勉強と日常生活の境界を失くし、生活の一部の様にすると勉強に対する抵抗感が少なくなる様です。

リビングで勉強すると集中力が身に付く

 家族みんなが自由に過ごしている中、それなりの雑音も発生する中、一人勉強をするので自然と集中力がついていくという事なのです。

他の家族の助けを借りながら勉強出来る 

 解らない事があればすぐに親などに質問する事が出来、それに関した事も教えてもらえる。疲れた時などは遠慮なく愚痴が言える。など周りが家族ならではの気を遣わない環境なのです。

 
 大切なのはリラックス出来る場所で勉強するという事。その場所が「リビング」なのです。

リビング学習のデメリット

 しかし、その反面デメリットも存在します。

 リビングとは家族全員のリラックススペースでもありますから、子供にとってはたくさんの誘惑があります。やはり一番の誘惑といえばやはり「テレビ」ですよね。

なるべくテレビは消さなくてはならない

 基本的にリビングのテレビは常に点いているというご家庭が多いと思われます。しかし子供がリビング学習をしている時は最低でも音声はオフに、できればテレビは点けないという事が大切となってきます。

 ウチの場合はリビングテーブルの目の前にテレビを置いてあります。なるべくテレビの電源はオフにする様にしていますが、音声だけオフという状態の時でもやはりテレビ画面の動きが視界に入るのか、娘はチラチラとテレビ画面の方に顔を向けてしまいます。完全に集中出来ていない証拠です。なのでやはりテレビは完全に消す様にしています。
 雑音に負けない集中力を鍛えるという観点もありますが、テレビの誘惑ってスゴイですからね。。。

 しかし、テレビの電源は完全オフにするという事が良いのは分かっていますが、他の家族の事を考えるとリビングのテレビを点けないというのは少し苦しい事もあります。子供にテレビに背を向けさす方向で勉強させるのがいい手ですが、もう、後はどれだけ子供の事を考えてあげられるかによりますね。

親の過干渉に注意

 親にとっては自分の目の前で子供が勉強してくれる訳ですから安心な面もありますが、あまりにも自分の目に入り易く、ついついダメ出しをしてしまったり、期待どうりに行動してくれないと文句を言ってしまったりと、目に入り易いがゆえに過干渉になり易くなります。

 リビング学習とは、くつろぎの場所「リビング」で勉強するからこそのメリットが有るという事を忘れないように口うるさくならない様にしたいものです。

ウチの娘的リビング学習

 我が家では娘がリビング学習だからといって、リビングに何か特別な工夫がある訳でもなく、勉強用の机がある訳でもありません。

 小学生の時は「リビング学習デスク」なる物を入学時に購入しました。その名の通りリビングに置けるやや小さめの学習机なのですが、実際勉強するのは何故か食卓も兼用しているリビングテーブルで、逆に遊びで絵を描いたりする時は学習デスクで、という事になっていました。

 椅子に座り学習机に向かって勉強するよりも、いつも向き合っているリビングテーブルで座椅子に座って勉強するというスタイルが娘にとって一番リラックス出来るシュチュエーションなのかも知れません。

 教科書類もその日の最初に今日勉強する科目のテキストは全て自分の部屋から持ってきてリビングテーブルの上に置いて勉強を始めます。一日の勉強計画をきちんと立ててから勉強を始めているという事です。

 そして休憩も計画的に定期的にとっています。休憩時には目の前にあるテレビを点けてテレビを見ながら頭を休めています。

 なので、勉強を始めるとほとんどその場所から動きません(^_^;)。本当に居心地のいい場所で勉強できているという事なのでしょう。こういう所がリビング学習の一番いい所のなのかも知れません。

何歳までリビング学習が良いのか

 これにはハッキリと何歳頃までといったものはありません。

 子供の性格や家庭環境などは様々ですから何歳位まで良いのかは子供一人一人違います。

 一般的には小学生低学年までは勉強する習慣をつける事と、親の目が届くという事でリビング学習の家庭の割合がかなり多い様です。

 しかし、子供の成長と共に徐々に子ども自身の気持ちも変化し、より集中できる環境を求め自室での勉強に変わる子供も多くなっています。なのでリビング学習も中学生までだったという家庭も多いようですが、中には高校生以降もリビング学習という子供もいる様です。

  リビング学習は何才までというくくりはありませんが、勉強する子供本人の意見を尊重し、親は環境を整えてあげましょう。

快適なリビング学習を

 子供が「一番落ち着ける場所、くつろぎの場所」であるリビングで勉強するという意味を確かなものにする為子供にとってより快適な環境にしてあげたいものです。

 我が家にもありましたが、「リビング学習デスク」などでリビング内での子供の勉強場所を確保するという事も出来ますが、現在の我が家のようにそのままリビングテーブルを利用する手もあります。

 そして、リビングテーブルを利用する時に助かるグッズもあります。

[ベルメゾン] どこでも自習室 自宅学習 収納ボックス 勉強スペース リビング 学習 収納ボックス 勉強 ブース 撥水加工 持ち運び ブラウン

新品価格
¥3,638から
(2019/12/1 22:35時点)

 ある程度は目隠しされていたいという子供には丁度いい仕切りの役目も果たしてくれ、リビングの中での自分の空間も造ってくれます。

【アスカ】どこでも学習台 持ち運び可能 勉強 読書

価格:2,460円
(2019/11/28 21:21時点)
感想(0件)

 意外な盲点、「角度」に注目した学習グッズ。姿勢が良くなり、長時間の学習の手助けにもなってくれそうです。

まとめ

 子供にリラックスして、快適に勉強してもらう為のリビング学習ですが、その効果を上げる為には、他の家族の協力無くしては有り得ません。
 
 しかし、リビングの中で勉強している子供だけに気を遣いすぎると、他の家族が息苦しくなり本来のリビングルームの意味が無くなってしまいます。

 ですから子供の勉強中は、ここぞとばかりスマホを利用し各自が独りの時間を作り、子供に協力してあげればこの「リビング学習」が良い結果をもたらしてくれるかも知れません。

 

コメント