スポンサーリンク

塾なしで学年1位になれた理由 〜小学生編〜

 ウチの娘は今まで塾に一度も通った事がありません。

 中学生に入学してからは『進研ゼミ』を受講し、お陰様で定期テスト6連続1位を獲得するまでになれました。

 幼少時代はピアノを始めるなど、知らず知らずの間に勉強の基礎能力を磨いていた訳でありますが、今回は小学校入学からの生活で勉強に良い影響を与えたと思われる事柄を、また独断と偏見ではありますが、父親目線で振り返って見たいと思います。

「漢検」と「英検」から学べるもの

モコ太君
モコ太君

こんにちは。父のモコ太です。今回も飼い猫のミー太郎と娘の小学生の頃を振り返って見たいと思います。ミー太郎よろしく!

よろしくだニャン。5年生の時に僕はこの家に来たみたいだけど、それ以前は何かやっていたの?

ミー太郎君
ミー太郎君
モコ太君
モコ太君

そうだね、習い事のピアノ活動以外ではやはり3年生の時からの「漢検」と5年生からは「英検」を受験し始めた事がいい影響を与えていると思うんだ。

「漢検」、「英検」ってなんだニャン?

ミー太郎君
ミー太郎君
  • 『漢検』日本漢字能力検定・・・漢字、熟語の読み書きなどを中心にした検定試験。小学1年レベルの10級から大学、一般レベルの1級まで12段階の検定級から構成される日本3大検定の1つ。試験は年3回実施され、年齢、学歴、国籍を問わず誰でも受験できます。
  • 『英検』実用英語技能検定・・・5級から1級まで7段階の検定級から構成され「聞く」、「読む」、「話す」、「書く」の英語4技能を測定する日本3大検定の1つ。試験は年3回実施され、年齢、学歴、国籍を問わず誰でも受験できます。児童向けで「育成型ゲーム感覚」のリスニングテスト『英検Jr』もあります。

※日本3大検定残りの1つは『数検』実用数学技能検定です。

この「漢検」、「英検」を受験した事で何か変わったのかニャン?

ミー太郎君
ミー太郎君

「漢検」、「英検」から学ぶ計画的学習

モコ太君
モコ太君

漢字や英語の知識を学べたのはもちろんだけど、その試験に挑むまでの過程で大切な事を学べたと思うんだ。

漢字と英語以外にいったい何を学んだんニャン?

ミー太郎君
ミー太郎君
モコ太君
モコ太君

「漢検」、「英検」など検定試験は試験日が決まってるから、その日までの日数を考え、計画的に試験勉強する事が大切となってくるんだ。

試験日の少し前にまとめて勉強するのではダメにゃの?

ミー太郎君
ミー太郎君
モコ太君
モコ太君

さすがに検定試験はどれもある程度範囲が広いから数日の勉強では合格は難しいよ。だから試験日までの勉強を計画的に行うことが大切になると思うんだ。

購入した検定試験のテキストの内容と試験日までの日数、自分の毎日のスケジュールなどを考慮し、自分で学習計画をこなしていく力も身に付きます。娘の場合、後の中学校の定期テスト期間の家庭学習の計画的学習に役立っています。

試験慣れする事は大切なこと

モコ太君
モコ太君

娘は小学生の時に漢検5回、英検2回の受験をしたんだ。試験に至るまでの過程はもちろん、当日の試験会場での雰囲気や緊張感にはかなり慣れてきたと思うんだ。

試験ってそんなに緊張するのかニャ?

ミー太郎君
ミー太郎君
モコ太君
モコ太君

子供によっては緊張で普段の実力を出せない子もいるみたいなんだ。だから将来的にやってくる「入試」や、その他のいろいろな試験のためにも「試験慣れ」しておくことは意外と大切な事なんだ。

家と試験会場では緊張感がまるで違います。試験当日に落ち着いて実力を出し切る為にもいろいろな会場で「試験慣れ」するのは大事。娘も「漢検」、「英検」の受験で試験の緊張感に慣れる事が出来ています。

合格から得られる達成感

モコ太君
モコ太君

やはり検定試験を受ける最大の目的は「合格」する事。合格証書が貰えたり、なにせ検定の級取得者になれる訳だから達成感もあるよ。

そういえば部屋に合格証書がいっぱい飾ってあるニャ。

ミー太郎君
ミー太郎君
モコ太君
モコ太君

中学生になると学校から生徒の情報として検定試験の取得状況も聞かれる事もあるんだ。ちょっと胸を張れるね。

でも友達に自慢してはダメだニャン。

ミー太郎君
ミー太郎君

検定試験の級取得で子供は大きな「自信」を得る事が出来ます。これからの勉強のモチベーションアップにも繋がりますし、「達成感」も感じられ他の勉強の意欲向上にもなるでしょう。

先取り学習で学校の授業も楽チン

モコ太君
モコ太君

娘の場合、自分の学年レベルの級よりも上の級を受験してきたから、学校の授業で習う前に自分で勉強してきたんだ。いわゆる自分で「先取り学習」ってこと。

習ってない事を自分で勉強しなきゃならないの、大変だニャ。。。

ミー太郎君
ミー太郎君
モコ太君
モコ太君

それもある意味いい経験、いい勉強になるよ。後々自分が楽になるしね。

娘の場合、漢字や英語が「先取り学習」できているという事は、特に中学生になるとその効果を発揮しました。普段の授業の理解度が上がりますし、時間の無い定期テスト発表中の試験勉強でも、「先取り学習」出来ている自信のある単元には時間を割かなくてよい事がたくさんありました。

ひとつひとつの積み重ねを大切に

 小学校時代もピアノの練習をはじめ、小さな努力の積み重ねで中学生の成績に繋げました。検定試験も特に「漢検」は8級からひとつひとつ順番に取得しました。(順番に受験しないといけないきまりはありません) 
 
 検定級の取得だけが目標ではなく将来的な国語の学習を考えひとつひとつ大切に受験できたと思います。

 親目線ですが、その小さなひとつひとつから大切な事をいっぱい学び、たくさん成長出来たのではないかと思っております。

 また、「努力を続ける大切さ」を体験出来た事は、娘が将来大人になっても必ず生きてくると思います。

コメント

  1. […]  本人の頑張りと相重なって、1年生の定期テストでは4位→2位→1位(その後6連続)と順位を上げる事が出来ました。今回もまたその好成績の理由に迫るべく、幼少期編、小学生編に続きまして中1時の娘の勉強の様子を見ていきたいと思います。 […]